【温泉ソムリエが教える】快眠入浴法でぐっすり眠れる方法を伝授

たこちゅけ

最近、ぐっすり眠れないな〜。
何か良い方法はないかな〜。

たこすけ

お風呂の入り方を意識するだけでも眠れるようになるよ。
今回はぐっすり眠れるようになる快眠入浴法を紹介しよう。

目次

快眠入浴法

ポイントは副交感神経を刺激する

副交感神経が働くと体はリラックスモードに入ります。副交感神経を刺激するには

  • 「足浴」「手浴」で体の末端を温める
  • 寝る前にぬるま湯に入る
  • 夕食後、1時間半後かつ就寝2〜3時間前に入浴

が有効です。

たこすけ

夕食後の体温がピークになる時に合わせて入浴すると良いんだ。
理由は、人間は深部体温が下がることで眠くなるんだけど、消化により体温が高まったタイミングで入浴することによりさらに深部体温が高まる。高まった体温が急降下することでより眠くなるからなんだ。

入浴方法

  1. お風呂の温度を40℃にする
  2. 5分入浴→2分休憩
  3. 8分入浴→2分休憩
  4. 3分入浴

おすすめは40℃のぬるま湯です。熱すぎると交感神経が働いてしまうので気をつけましょう。

快眠のために気をつけたいこと

寝るときは暗くして、朝は太陽光を浴びる

睡眠ホルモンの「メラトニン」をコントロールします。メラトニンは暗くなると分泌されます。

夜食はNG。遅い時間にお酒を飲まない

夜食を摂ると体を休めるための睡眠中に消化器が働き熟睡できません。
アルコールは睡眠導入作用がありますが、眠りそのものは浅くなります。

いかがでしたか?快眠入浴法でぐっすり睡眠を取りましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

たこすけと申します。1児の父親になります。
はまっているのはキャンプです。
気になる情報、おすすめグッズなど紹介できたらと思いますのでよろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる