【レビュー】キャリフリーのチェアベルトで赤ちゃんと一緒にご飯を

子供が10ヶ月目になり、離乳食の量、回数も増えてきました。今までは子供に食べさせてから、我々がご飯を食べていましたが、そろそろ同じタイミングで食べてもいいなと思いベビーチェアを買おうと思いました。色々見てまわって結局決めたのがキャリフリーのチェアベルトでした。今回はキャリフリーのチェアベルトの良いところ、注意点を紹介したいと思います。

この記事で紹介しているキャリフリーのチェアベルトのポイント
  • 大人の椅子に簡単に取り付けられる
  • しっかりホールドしてくれる
  • 軽くてコンパクトになるので持ち運べちゃう
  • ベビーチェアを買うより安い→1769円
  • 素材がポリエステル100%なので洗濯しやすくて、汚れも簡単に落とせる。
  • 大人の椅子がないと取り付けられない
目次

キャリフリーのチェアベルトのサイズと対象

サイズは子供の胴回りが105cmサポートベルトが130cmまでになります。

対象となるのは腰がすわってから3才くらいまでです。

注意:キャリフリーのチェアベルトは背もたれ付きの大人の椅子がないと取り付けられません

まず先に注意点として、キャリフリーのチェアベルトは大人の椅子がないと取り付けられません。さらに、背もたれ付きの椅子でないとだめです。下の商品のような椅子がオススメです。

¥8,500 (2022/10/30 17:10時点 | Amazon調べ)

もし、椅子がないよーという人は普通のベビーチェアを検討しても良いと思います。または大人の腰に巻いて使うこともできます。

大人の腰に巻いても使えるので、公園のベンチでも一緒に安全に座れるね。

キャリフリーのチェアベルトは簡単に取り付けできて、しっかりホールド

キャリフリーのチェアベルトは本当に簡単につけられます。

手順は

STEP
サポートベルトを椅子の背もたれに回してバックルを止める

緩みのないように調整します。

STEP
子供を座らせて両脇のサイドベルトを留める

子供の体型に合わせてベルトを調整します。

秒でつけられちゃいます。

簡単につけられるのにしっかり赤ちゃんをホールドしてくれるので安心です。

キャリフリーのチェアベルトは軽くてコンパクトになるのでお出かけ先にも持っていきやすい

公園や外食、祖父母の家にも手軽に持っていけます。

重さは105gです。

キャリフリーのチェアベルトはお手頃価格

ベビーチェアを買うとなると1万円前後はするので約1700円で買えるのはとってもお買い得。

キャリフリーのチェアベルトは簡単に洗濯できる

中性洗剤で簡単に洗えます。素材はポリエステル100%なので汚れもつきにくくて、落ちやすいです。

洗うときは洗濯ネットに入れるように説明書きされています。

キャリフリーのチェアベルトはオススメしたい商品です

コスパ抜群の商品です。家に椅子があるのならオススメしたい商品です。

他にもチャイルドシートのレビューもあげているので見てみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

たこすけと申します。1児の父親になります。
はまっているのはキャンプです。
気になる情報、おすすめグッズなど紹介できたらと思いますのでよろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる