赤ちゃんのシャンプーはいつから?デリケートな肌を守ろう!おすすめシャンプーも紹介

赤ちゃんの肌はとても繊細で、その中でも特に頭皮はデリケートな部位です。適切なケアを行うことで、赤ちゃんの健やかな成長と快適な日常をサポートすることができます。ここでは、シャンプーのタイミング、赤ちゃんの頭皮ケア、おすすめのシャンプーをご紹介します。

目次

赤ちゃんのシャンプーはいつから?

早速結論から言って全身用のボディーソープを使用していて頭皮のにおいが気になるようになったら、ベビーシャンプーに切り替えるのがいいでしょう。

たこすけ

生まれてからしばらくの間は全身用のボディーソープで大丈夫

具体的に言えば、赤ちゃんは6ヶ月から1歳ぐらいになると髪の毛が増えてきて、頭皮のにおいが気になってくる頃なので、この段階で髪の毛にはベビーシャンプーを、体にはボディーソープを使うように切り替えてみてください。

赤ちゃんの頭皮ケア

赤ちゃんの皮膚はバリア機能が未熟のため、大人よりも乾燥しやすいです。皮膚は外的刺激から守る役割を果たすバリア機能を持っており、乾燥も防ぐ役割があります。しかし、赤ちゃんのバリア機能は不十分で、うるおいが逃げやすく、乾燥しやすいです。

そのため適切な頭皮ケアが大事になってきますので、そちらを紹介したいと思います。

マイルドなシャンプーの選択

赤ちゃんの頭皮を洗う際は、できるだけマイルドなベビーシャンプーを選びましょう。強い洗浄剤や添加物が含まれているシャンプーは、赤ちゃんの敏感な肌に刺激を与えてしまう可能性があります。シリコンやパラベンフリーの製品を選ぶと安心です。

適切な頻度でのシャンプー

赤ちゃんの頭皮をシャンプーする頻度は、必要に応じて調整しましょう。

たこすけ

ただ毎日大量の汗をかくのでできれば毎日洗ってあげたいですよね

優しいマッサージで血行促進

赤ちゃんの頭皮を優しくマッサージをすることで、血行が促進されます。指の腹を使って頭皮を円を描くようにマッサージしましょう。これにより、健やかな髪の成長をサポートできます。

日焼けから守る

紫外線は頭皮の乾燥に影響を及ぼす要因です。紫外線は皮膚のバリア機能を低下させ、肌の乾燥を促進します。特に赤ちゃんの皮膚はまだ薄く、日焼けしやすいです。

たこすけ

外出時には、赤ちゃんの頭皮も紫外線から守るために帽子や日傘を利用するなどで紫外線対策はしっかり行いましょう

かゆみやかさつきに注意

赤ちゃんの頭皮がかゆいときや、かさついているように見えるときは、アトピー性皮膚炎や湿疹の兆候かもしれません。かゆみを感じているようなら、皮膚科医の診察を受けて適切なケア方法を確認しましょう。

おすすめはピジョンのシャンプー

ピジョンのシャンプーはしっかりと汗やにおいを洗い落とせて、購入額も安い。西松屋やネットですぐに買える、といったコスパ抜群の商品です。以下にまとめてみます。

  • コンディショニング成分が含まれており、目に刺激を与えにくい泡タイプのシャンプーです。
  • この泡シャンプーは、1歳半ごろのお子様向けの洗浄力を持ちながら、ベビースキンケア基準に合った低刺激性も兼ね備えています。
  • 洗浄力はそのままに、弱酸性で低刺激、無着色、さらにパラベンフリーの配慮をしました。
  • ほんのりと香るシャボンの香りが特徴です
¥1,015 (2024/04/13 18:00時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
たこすけ

香りはシャボンの香りとフローラルの香りがありどちらもいい香りです。

まとめ

赤ちゃんの頭皮ケアは、デリケートな肌を持つ赤ちゃんの健康に欠かせない要素です。マイルドなシャンプーの使用や、優しいマッサージ、紫外線対策を心がけることで、赤ちゃんの頭皮を守り、快適な成長をサポートしましょう。かゆみやかさつきには早めの対処が大切ですので、注意深く観察してください。赤ちゃんとの特別な瞬間を大切にしながら、健やかな育成を進めていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

たこすけと申します。1児の父親になります。
はまっているのはキャンプです。
気になる情報、おすすめグッズなど紹介できたらと思いますのでよろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次