北限のお茶 ”檜山茶”

みなさん、お茶は好きですか?私は好きです。日頃から番茶、杜仲茶、煎茶などよく飲んでいます。先日、北限のお茶なるものを頂いたのでレビューを書いていこうと思います。

目次

檜山茶とは

今回頂いたお茶は檜山茶といい、秋田県能代市で作られているものです。現在製茶業を営んでいるところとしては檜山茶が日本列島最北限だそうです。

歴史は1730年頃、多賀谷峰経という檜山城の殿様が京都の宇治より茶の実を持ち帰り、植栽したのが始まりであると伝えられています。

たこすけ
たこすけ

さっそく、飲んでみよう!

茶の入れ方(1人分)

  1. 急須に3g程(小さじ2)の茶葉を入れる。
  2. 70度程に熱した湯を茶碗に注ぎます。
  3. 茶碗の湯を急須に注ぎます。
  4. 1分程置きます。
  5. 茶碗に注ぎます。
  6. 冷まさずに飲みます。

出汁のような旨味

口の中に入れた瞬間、出汁の旨味を感じました。鰹節で取ったかのような出汁が出ています。そのあとは香ばしくお茶らしい風味が抜けていきます。

思った以上に出汁だったのでお茶漬けにしてみたら美味しいのではないかと思い永谷園のお茶漬けで試してみました。(流石にお茶だけでは薄いかも・・・)

たこすけ
たこすけ

う、美味い!お店で出る出汁茶漬けになりましたわ。

お茶として飲んでもいいですが、おすすめは出汁茶漬けです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

たこすけと申します。1児の父親になります。
はまっているのはキャンプです。
気になる情報、おすすめグッズなど紹介できたらと思いますのでよろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる